プロフィール


11

愚直に進む

私の信条は、「政治に一本筋を通す」ことです。
昨今の国政の場における現状を顧みましても、まさに「何でもあり」という風潮が強まっています。
それは国民の皆様を裏切る行為であり、筋は通っていません。
政治において、まず何より大切なのは、自らの原理原則を掲げ、それを貫くこと、正しいと思った主義主張は安易にぶれることなく、誠意を以って行動することだと考えています。
私には夢がある。
子ども達の未来のために誇りと自信を取り戻したい。
私には夢がある。
日本人に生まれて良かったと思える自由で開かれた社会をつくること。
私は、このスタンスを忘れず国民の皆様のために、約束を守る政治を愚直に進めたい。

sign

名前 ひだか剛(樋高剛)
選挙区 自由党神奈川県第18区【川崎市宮前区・高津区、中原区の一部(大戸地区*)】支部長
※大戸地区(中原区宮内・上小田中・下小田中・新城・上新城・下新城・新城中町))
生年月日 昭和40(1965)年11月24日生まれ
学歴 早稲田大学応援部出身
資格・趣味・特技 防災士認証取得、空手道初段、釣り・ドライブ
代表肩書 前衆議院議員・元環境大臣政務官

学歴

平成 2(1990)年 3月 早稲田大学社会科学部卒業 (応援部出身)
昭和59(1984)年 3月 神奈川県立旭高等学校卒業 (生徒会長をつとめる)

職歴

平成 3(1991)年10月 衆議院議員小沢一郎事務所入門(書生期間約3年)
平成 2(1990)年 4月 東京海上火災保険(株)入社

政歴

平成24(2012)年12月 第46回衆議院議員選挙惜敗
平成24(2012)年10月 党組織団体委員長 就任
平成24(2012)年 7月 裁判官弾劾裁判所裁判員・党幹事長代理 就任
平成23(2011)年10月 政権与党税制調査会副会長 就任
平成22(2010)年 9月 衆議院政治倫理審査会筆頭幹事・政権与党総括副幹事長 就任
平成22(2010)年 6月 衆議院予算委員会理事 就任
平成22(2010)年 2月 衆議院国家基本政策委員会理事 就任
平成21(2009)年10月 衆議院国家基本政策委員会委員 就任
平成21(2009)年 9月 政権与党副幹事長 就任
平成21(2009)年 8月 第45回衆議院議員選挙にて3期目当選 110,239票獲得
平成17(2005)年 9月 第44回衆議院議員選挙惜敗
平成16(2004)年 5月 党政策調査会副会長 就任
平成16(2004)年 3月 衆議院懲罰委員会理事 就任
平成15(2003)年11月 第43回衆議院議員選挙にて2期目当選(当時37歳)
平成15(2003)年 3月 衆議院法務委員会理事 就任
平成14(2002)年10月 衆議院安全保障委員会理事・予算委員会委員 就任
平成13(2001)年 2月 衆議院環境委員会理事 就任
平成12(2000)年 7月 衆議院青少年問題特別委員会理事 就任
平成12(2000)年 6月 第42回衆議院議員選挙初当選(当時34歳)
平成10(1998)年 7月 第18回参議院議員選挙(神奈川県選挙区)立候補惜敗 241,189票獲得

他、衆議院厚生労働・経済産業・文部科学・農林水産・決算行政監視・憲法審査会各委員会委員武力事態対処・テロ防止・特殊法人改革各特別委員会委員 等歴任
現在 真の議会制民主主義を追求し、捲土重来を期して勢力的に活動中

著書

愚直に -復興・環境を軸として-

樋高剛 著
平成24年5月22日発行:年友企画
定価(本体500円+税)

日本人と憲法と自由党

平野貞夫/樋高剛 共著
平成12年5月23日発行:プレジデント社
定価(本体1,500円+税)

© 2014 ひだか剛事務所 all rights reserved.    個人情報の取扱について