2015.09.23

立憲主義を守り抜く!

立憲主義における不変の真理とは『憲法』が権力者を支配するということです。

『憲法』は国会での長きに渡る与野党の議論を経て、国民の大多数が同意しうる解釈がなされてきました。過去の国会議論では集団的自衛権という同盟国の戦争に対する加担を認めず、戒めてきました。

東北の震災時、世界各国の人々は我を忘れて救援援助活動に参加し、数多くの人々の尊い命が救われました。それは、戦後日本が平和憲法の下で歩んで来た道が間違っていなかったことを証明しています。紛争には話し合いのテーブルを!!貧困には援助を!!日本の安全保障は憲法の精神を逸脱してはなりません。
立憲主義を否定する安倍政権の安保法案に断固反対です。たとえ、今国会で法案を成立させるという暴挙に出ても、この法律
を葬るため、心ある皆様と手を携えて全力で闘ってまいります。みなさんのお力をおかし下さい。

生活の党と山本太郎となかまたち 神奈川県連 代表 ひだか剛
9月ビラ

 

トップページへもどる
© 2014 ひだか剛事務所 all rights reserved.    個人情報の取扱について